よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る 結末。

81

別の部屋に行ってもいいのに、別の部屋で寝たとばれれば私の立場が悪くなると思って、気遣ってくれたのだなと思う彼女。

そして、英雄となって戻ったセザールはカナリアを処刑しグレイシーと結ばれるという筋書き。

「風邪を引くぞ」 この頃には、セザールにとってカナリアは誰よりも大事な存在になっていました。

そんな魅力がありすぎる主役2人のやりとりは、ずっと見ていたいと思えるほど微笑ましいものになっているので、ぜひ彼らの魅力を堪能してください。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第44話】のみんなの感想 グレイシーとの取引と交渉が成立した場面には手に汗を握って燃えてしまいましたね! 強大な存在を相手戦わなくてはならないカナリアたちにとっては、これ以上ない強力かつ頼もしい助っ人ですよね! 一方、ノアまで使って噂がデマであることを証明しようとしますが、確かに誤解を解けていたのはセザールや部下たちだけだったことに今更ながらに気づかされましたね・・・。

ラヤ セザールに仕える騎士の一人。

前回第40話のあらすじ お前のことが好きだから離婚したくない 額に口付けられてそう告白されたカナリアは頬を赤らめて今までの出来事を振り返ります。

最後まで可愛いと、ほっこりするカナリア。

オスカーが怪しすぎる?原作小説とは異なる展開 また小説の世界に転生した物語ですが、その原作小説とは異なる展開に進んでいくのも注目ポイントとなっています。

その結果、やがて 権威を得たセザールに死刑を名ざれるのです。

32