暗黒 騎士 の 俺 です が 最強 の 聖 騎士 を めざし ます 小説 家 に な ろう。

VRMMORPGが誕生して多くのゲームが開発された 以下ネタバレも含みますのでご注意ください
大半が未完結の作品ばかりなので、新刊が出るたびにちょこちょこ更新もしていく予定 装備アイテムにも 技術 ( スキル )が付いており、装備した状態で一定のレベルを上げると習得することも可能だ
目の部分には小さな穴が開いており、そこから赤い目を光らせ、恐怖の様なものが感じられる 話が終わると永遠アイドルとビスマルクは右手を動かしてプレイヤーのメニュー画面を開いた
生徒会会長たちの見事な連係プレーを目の当たりにした彼女は、その申し出を受ける事に 戦士系を選ぶと体力や攻撃力が成長し、騎士や盗賊などの肉体系の職業を選ぶ事ができ、魔法使い系を選べば魔力や知力が成長し、ウィザードやクレリックなどの魔力系の職業に就くことができ、職業の数は全部で百を超えている
「俺たちはどうします?」 「う~ん、私もそろそろ上がろうかな? 最近はちょっとハードでしたから」 「……そうですか、分かりました ダークマンたちが楽しそうに話をしていると、ウィッチキララがふと何かに気付いた
そんな二人の前に現れたのは、黒く巨大な人型の生物 「これは危険だ! 逃げろシエル!!」 戦いながら進化していく魔人に苦戦するカイ
イベントボスを一人で足止めしたダークマンさんの方が凄かったです」 「そ、そうですか?」 「ええ、おかげでイベントボスも倒せて報酬もガッポリ手に入りましたから」 「アハハハ、ありがとうございます」 後頭部を掻きながら軽く頭を下げるダークマン 彼は隠し宝物庫に行けず、別の所へ転移したことにも驚いていない
そんな退屈な生活から解放してくれるのがLMFだった 時刻は既に十一時十五分になっていた
まさしく虚無 「ゲーム側で何か異常があったのか? ……まぁ、こっちには関係ないことだよな
98